WEB動画制作のちょっとしたポイント

WEB動画制作をする際、いくつかのポイントを押さえることで集客力アップや再生数の向上に繋げることができるようになる場合があります。
例えばWEB動画の場合、長い尺のものよりも短めの尺のほうが再生されやすい傾向にあります。長尺にしてしまうとよほど内容が魅力的でなければ途中で飽きられてしまい、再生を終了してしまうケースも少なくありません。中には動画時間を確認して、この長さは見るのが面倒だと思われてしまうこともあるのです。宣伝が目的であれば入れる内容を最低限にするなどして長さを調整するのが良いでしょう。
画質設定も重要となります。画質が良いほうが見栄えが良いだろうと思ってしまいがちですが、WEB動画は映画ではありません。確かに画質が良いほうが見応えがある映像となりますが、高画質にするあまりデータ量が増えて読み込みが遅くなり、視聴者が離れてしまう可能性もあるのです。モバイルで動画を視聴することも想定しつつ、画質を設定するのが良いでしょう。
ちょっとしたことを気をつけるだけで仕上がりが変わる場合もあるため、WEB動画制作をする際にはこれらのポイントを少し思い出してみると良いかもしれませんね。