短い時間でユーザーの目を引く動画広告

広告は現在新しい時代に入ってきており、中でもデジタル系の広告は色々な場面で活躍をしています。特に目覚ましいものとしては動画広告がありますが、やはり画像など静止画と違って動画作成などはハードルがまだまだ高いものと思われがちです。しかしインパクトの差という点では遥かにユーザーの目を引くのが動画広告であり、最近ではスマホや動画配信サービスでの広告などが増えてきており、短い時間でキャッチーなものでないと中々記憶に残りません。

例えばSNSなどのタイムライン式の広告は、やはり流れるように画面をスクロールすることが多くなり、単純な画像だと視界から流されてしまうケースもあります。しかし動画広告の場合だと最初のフックや掴みなどを用いると、目を止めて視聴することも多く効果も高いことが分かっています。SNSなどの動画広告のメリットとしては視覚効果だけではなく、気に入った場合にはユーザーがその場で拡散やシェアをしてくれる仕組みがあり、これを利用すると爆発的なヒットの引http://besign.tv/wp-admin/edit.php?post_status=private&post_type=pageき金にもなりうるのです。動画制作も最近では需要が高まり費用も安くなってきているので、一度検討してみては如何でしょうか?